じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山陽新幹線~九州新幹線直通の新幹線は「さくら」なんだけど、ここに来てまさかの…



最速「みずほ」で3時間47分 大阪―鹿児島直通新幹線




新幹線と飛行機の乗客争奪戦が新たな段階に入る。来年3月に直通運転が始まる山陽・九州新幹線で、すでに公表された「さくら」より短い3時間47分で新大阪―鹿児島中央間を結ぶ「みずほ」が運行されることになった。東北新幹線も今年末の延伸で東京―新青森間が3時間台に。航空会社との間で乗客シェアの分岐点とされる4時間を切るスピード化で攻勢を強めるJRに対し、航空会社は防戦に懸命だ。

 九州新幹線鹿児島ルートが来年3月12日に博多―鹿児島中央間で全線開業するのに合わせ、JR西日本と九州が直通運転を始める。「みずほ」は1961~94年に東京―熊本・長崎を走った寝台特急(ブルートレイン)の名。新大阪―鹿児島中央を1日数往復し、停車駅は新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本の見通し。最高時速は山陽区間で300キロ、九州区間で260キロ。同区間を約4時間かかる「さくら」より10分程度短縮される。

 JR東日本も12月に延伸する東北新幹線でスピードアップを図る。東京―新青森間は当初は約3時間20分だが、来年3月投入の新型車両を「はやぶさ」の名で走らせ、2012年度末には新幹線最速の時速320キロ運転で、約3時間5分になる見込みだ。

 スピードアップの背景には「4時間の壁」の存在がある。鉄道の移動時間が4時間を切ると飛行機との乗客シェアが逆転するというものだ。

 国土交通省の調査やJRによると、東京駅から新幹線で約3時間50分の広島駅(広島市)までは鉄道が優位。羽田―広島間の飛行時間は約1時間半だが、空港までのアクセスや搭乗手続きの時間を含めると3時間程度かかる。

 東京駅から約4時間20分の新山口駅(山口市)は互角で、約4時間55分の博多駅(福岡市)では飛行機の客が鉄道の約9倍。大阪市と鹿児島市の間は鉄道で約5時間かかるため、近畿から鹿児島への移動は鉄道約1割、飛行機約9割という。

 航空会社にとって羽田や大阪発着の便は、地方路線の赤字を支える「ドル箱路線」だったが、新幹線が延伸するたび乗客を奪われてきた。東北新幹線や上越新幹線のため羽田―新潟間や羽田―仙台間などの路線を撤退・縮小。今後は羽田―青森間や大阪―鹿児島間などが大幅に食われそうだ。大手航空会社関係者は「羽田―新千歳や羽田―福岡より近い路線は、新幹線に太刀打ちできなくなる可能性がある」と語る。 (以下略)




ここにきてまさかの「みずほ」…往年の愛称復活は嬉しいけど新幹線に昇華されるとなるとちょっと複雑。
そして「つばめ」の扱いの低さにちょっと涙した。もともとJR九州内でつかわれてた愛称ってのもあるし九州内で完結しないとダメっていうのもあるけど…。

しかしながら、「さくら」がのぞみ級、「みずほ」がひかり級っていうのはしっくりくるけど逆だもんなぁ・・・ちょっと違和感があるっていうか。

元々「みずほ」は「はやぶさ」の別愛称(同一線区を走る別列車)だったんだよね、いつの間にか「さくら」と「はやぶさ」を補完する列車となったが。
晩年はさくらと同じ4人用個室寝台車「カルテット」を組み込んだ14系14形を使用し、長崎行と熊本行の2本を連結してかつての「さくら・はやぶさ」同様の鳥栖分割・併合を行っていたんだよな。

おねがい☆ティーチャー 風見みずほ (1/4スケールPVC塗装済み完成品)おねがい☆ティーチャー 風見みずほ (1/4スケールPVC塗装済み完成品)
(2010/07/31)
フリーイング

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/315-2f3cfac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。