じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あれから5年か。
自分の生き方が180度変わった「あの日」がやってくるのか・・・。


自分が世界で一等尊敬する人物にシンガーソングライターやってた岡崎律子さんがいる。
日々の暮らしが辛くて涙も出やしねえって言うときによく律子さんの創った曲聞いて励ましてもらっとる。
辛くて涙が出やしねえと思っていても不思議と涙が出るもんだなーって、思うわけだ。

岡崎律子さんを知ったのは「メロキュア」。
スペースシャトルが燃え尽きた夜に偶然テレビをつけたら「ストラトス・フォー」がやっていてさ、OPとED歌っとるグループ何なのなーって調べたら「メロキュア」だった。
程なく発売されたメロキュアのアルバムを手に入れて毎日気でも痴れてしまったかと思われるぐらいに聞いてたっけ。
確か下呂行ったときも聞いてたな。あんときゃーメロキュアの新しい曲出ねぇかなーって楽しみにしてたっけ。

1週間かそこら経ったある日、律子さんの訃報を知る。
最初はガセだろと事実から遠ざけたい自分がいたが、検索をかけてみるとやはり事実であって…
ショックだった。知人や友人に「律子さん、亡くなってしもうた・・・」ってメールするとそれぞれが同じ文面が返ってきたのを今でも覚えている。

訃報を知ってから幾分経ったある日、ふとヘッドフォンで「For フルーツバスケット」を聴いていたら、涙が出てきた。
祖母の死でも涙をこらえてたのに、涙が出てきた。
なぜ泣いたかというと、単純に「非常に完成度の高い旋律」と「惜しい人を亡くしてしまった悲しみ」から泣いた。


1ヵ月後、読売の「追悼抄」を読んだ。
実はもう直らない病気に罹っていたこと、病床でも曲を量産していたこと、4月のミニライブは病院から通っていたこと・・・などが事細かに書いてあった。
特に「いい物を残しておきたいから頑張る」というコトバが深く突き刺さった。
「病に倒れてもなおマイナス思考にならずにただひたすらに前向きな気持ちで聞き手を前向きな気持ちにしてくれる曲を作っているのに対してワシは何だ、何もしとらんやないか・・・ただ親に甘えとるボケナスじゃ、ふざけんじゃねえ・・・!」と思った自分は今までの自分を戒める意味でアルバイトを始めた。


1日を懸命に生きることが自分の日課となっているのはこのことが発端となっている。
「自分の夢は~~です」とかいう他者に託せない夢持っても仕方がない。「天職」という託してもらえるような夢を持ったほうが人生ってすばらしいって感じるようになるんだ。
最近は惰性モードになっているので、「天職」というものを探してみようかなと思っている、シナトラの名曲「My Way」のように自分の人生を「I did it my way!」って言えるような人生を歩めれるように。



ひょんなことからApple Mighty Mouseを手に入れたのでノートPCにつなげてみたりする。
mighty.jpg
動かし方は普通の3ボタンマウスよろしく右クリック、左クリック、スクロールができる。
最初はPC/ATコンパチマシン用のマウスとは違うので右クリックはどこかしらっていう風になるのだけど、慣れればどうってこたーない。
シンプルさはMicrosoftのベーシックマウスと対等だけど、Mighty Mouseはそのうえデザインが秀逸だからな。

しかし左右についている感圧センサーボタンを押すとIEおよびFirefoxは前のページに戻ってしまうようだ。
これからポンポンとイジってみるか。


現在市場に出回っているパソコンのほとんどが先祖をIBM社が開発・製造した「PC/AT」としている。
日本のパソコンも20年前ぐらいまではメーカー独自が開発・製造していたんだけど、グローバル化の波で世界的に有名になっているPC/ATの互換機を販売するようになってからはハード的にはそんなに大差ない出来になっている。
ソニーのVAIOだって東芝のdynabookだって富士通のFMVだってNECのVALUESTARでも中身はすべて同じ。違いはどこのメーカーが出しているかの違いしかない。
マッキントッシュ以外はどこのメーカーのパソコン使ってもストレスはあまり感じないだろう。使用OSの環境下によって違いはあるものの、基本的な操作などは思いっきりずば抜けた違いってのは無いのである。
日本のメーカー製PCの大半は台湾などの海外メーカーからのOEM供給を受けて製造されている事実があるっていうことを知っておいてください。
パソコンに関してはすべての部品をメイド・イン・ヂャパンの部品を使用しているパソコンは無いと思ってください。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/32-0f255644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。