じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



今月の14日に「リニア・鉄道館」がオープンしたので行ってみた。
「リニア・鉄道館」は佐久間レールパーク・浜松工場・美濃太田車両区などに保存されていた車輌の展示や、日本最大級のHOゲージのジオラマや運転・車掌シミュレータが設置されているJR東海の鉄道博物館である。

今回行った理由は2年ぐらい前に佐久間レールパーク閉館イベントに参加して「リニア・鉄道館」の招待券を貰ったからなのと、戦時設計の63系電車の復元保存車がみたいってのが理由。

c62-17a.jpg
c62-17b.jpg
c62-17c.jpg
955-6.jpg
mlx01-1.jpg
入場してすぐのところにC62の17号機と「300X」の955系試験車の6号車、ジェイアール式マグレヴの実用化試験車のMLX01の1号車がお出迎え。
C62形17号機は1954年12月に東海道本線木曽川橋梁にて129km/hの狭軌蒸気機関車最高速度を達成した機関車で、300Xは1996年に米原-京都間で日本のリニアを除く鉄道最速の443.0km/hを記録した車輌で、博多寄りの先頭車両は米原の風洞実験場にWIN350とSTAR21と一緒に保存されている。ここに保存されているのは元々浜松工場に保存されていた東京寄りの先頭車両なんだわ。
MLX01の1号車は愛地球博のJR東海パビリオンに行ったことがある人ならご存知だろう。万博終了後は港区某所で「腐食実験」という実験で吹きさらしの状態で留置されていたけど、今回晴れて屋内展示となったものなんだわ。

んで奥へ入ったら車輌の展示スペース。

総勢32両から俺的特徴ある車両をピックアップしてみよう。

1:52系電車モハ52004
Mc52004_a.jpg
Mc52004_b.jpg
Mc52004_c.jpg
Mc52004_e.jpg

戦前の車輌。関西地区の急行電車(現在の新快速)に使われていた車輌で、製造当時世界的に流行していた流線型を取り入れたデザインで、特にこの52004は第二次流電と呼ばれる車輌で、1次車の狭い窓から広い窓へ変わり、窓上の換気口がなくなり非常にすっきりとした外観となっている。
戦後の一部期間を急電や阪和線で活躍した後先頭車両全車が飯田線へ集結し、茶色→飯田線快速色→湘南色→横須賀線色へ切り替わりながらも飯田線の主として君臨し続けてきた。1978年に全車が廃車になったあと、52001が吹田工場に移り第二次流電登場時の姿へ9割方復元(プレスドアと台車は晩年のまま)し、吹田工場で今も保存されている。
この52004は日車豊川に一時保管されたあと、1991年開園の佐久間レールパークへ保存された。当初は飯田線晩年の姿のままだったが晩年の姿のまま急電色へ変更とスカート取り付けが行われて、佐久間レールパーク閉園時には8割型の復元がなされていた。しかしベンチレータや乗務員室扉などは飯田線晩年の姿のままだった。今回はそれらを一切廃しての復元が行われ乗務員扉の閉鎖と窓の復元、行先表示の復元、ベンチレータの復元などが行われた。復元に際しては他の保存車両からの提供という形がとられた。

Mc52004_d.jpg
ただし全てが登場当時というわけではなかった。パンタグラフだけは事故で交換されたPS13が乗っかっておりこの部分だけ飯田線時代の姿を留めさせている。



2:EF58形直流電気機関車157号機
ef58-157_a.jpg
ef58-157_b.jpg
ef58-157_c.jpg

電気機関車。東海道線の黄金期を支えた機関車で特急から荷物列車まで幅広く使用された。
この157号機は「現役最後の直流機関車標準色をまとうEF58」として知られていた。機関老朽化のため2007年に運用離脱し浜松工場に保管されていた。
今回博物館入りが決定した頃から塗色を登場時のぶどう色2号へ変更と122号機のルーバーに交換と前面窓の原型復元が行われた。
個人的には鉄博や大宮保存車でやってないブルトレ色へ変更した122号機も一緒に置いてもらいたかった。


3:63系電車モハ63638
Mc63638_a.jpg
Mc63638_b.jpg
Mc63638_c.jpg

戦時設計の電車。戦時設計ゆえの4ドア20メートル車体はのちの101系・103系などの通勤型車輌を生み出すことになる。
この63系電車、戦時設計車輌なので戦時中製造された車輌で電装品の付いた車輌は極少数という有様で車内は粗末なロングシートに天井には裸電球という文字通りの戦時型車輌であった。
粗悪すぎのために車両故障は勿論車両火災で焼失する車輌もあった。特に桜木町事故で消失したときはさすがの国鉄も焦った様子で63系電車を徹底的に大改造を行い73系という車号を与えたという。
この63638は運転台を撤去し73系の中間電動車72258へと改造され、更に牽引車クモヤ90形90005となり廃車後長らく浜松工場で保管されていた。
今回リニア・鉄道館入に際して63系電車への復元大改造を行うこととなり、外観は勿論車内まで登場時の姿へ復元されている。

他にもいろんな車両があるんだわ。
鉄博から奪還してきた国鉄バス第1号車やドクターイエロー、珍車・蒸気動車ホジ6014などが展示されとります。
屋外スペースには117系3両と千種の研修センターで保存されていたケ90形蒸気機関車(現存する国鉄形式をまとった軽便蒸気機関車)があるんだわ。
鉄道ファンは絶対に行って損しないから1回行ってみなさいよ?

Bトレインショーティー 流電・飯田快速色(A) クモハ52+クハ47Bトレインショーティー 流電・飯田快速色(A) クモハ52+クハ47
()
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/516-f597857b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。