じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デスク回りをきれいにして、Vistaマシンを置いてみた。
マウスパッドがカッターシートって何かいやなので、ランカちゃんのおっぱいマウスパッドを買ってきて置いてみた。
P8100123.jpg

P8100124.jpg
↑マウスを乗っけてみた。少々残念。
マクロスF 立体マウスパッド ランカ・リーマクロスF 立体マウスパッド ランカ・リー
()
不明

商品詳細を見る

メンテナンスはボディソープでごしごしすれば問題なし・・・か。

北海道南西沖地震の臨時ニュースを見てみる。
緊急警報放送で現在唯一の大津波警報が発令されたものの、"技術の限界"で警報発令が間に合わなかった海洋型の地震だ。
緊急警報放送が送出されるときに、アナウンサーが、
「・・・地方に津波警報が出ました、緊急警報放送です、緊急警報放送です」の後に10秒ほどの第2種警報が送出される。
緊急警報放送終了時には、
「緊急警報放送はこれで終わりますが、引き続き地震・津波関係のニュースをお伝えしてまいります。これから出す信号でお宅のテレビやラジオが消えた場合は場合改めてスイッチを入れてください。では地震津波関係のニュースを続けてお伝えいたします。」の後に終了信号(試験放送信号の送出信号と同じ)が送出される。

この北海道南西沖地震の緊急警報放送は3回送出されている。
1回目は札幌放送局内での臨時の地震関連のニュースで、3区大津波警報発令時の札幌からの送信。
2回目はその直後のNHKの全波放送切り替え時に緊急警報放送開始時の2種信号送信。
3回目は新潟県から福井県の日本海の津波注意報が津波警報に切り替わったときの第2種信号送信。
実は日本海中部地震のときより半分以下の時間で大津波警報をう発令することが出来たのだが、震源により近い奥尻島では日本海側で起きた地震津波では史上最悪の惨事が起きていた。
確か小学生の頃に起きた災害だったから、子供心に"津波ってこえーな"と思わせるような、そんな光景がNHKの朝のニュースでやっていたわけですよ。何かスマトラ沖よりもひどいんじゃないかな、津波に加えて火災だもん。

今では津波警報発令時に唐突に緊急警報放送第2種信号を送出するようになっているので、こういうことはいるんじゃないかなと思う。だって唐突に終了放送を送出してテレビやラジオが消えたらしゃれになんねーから。というか受信機がめちゃくちゃ普及してねーのがいけないんだな。
でも今は緊急地震速報がある(と言っても震源地に近い場所や直下型地震ではあまり意味がない)のだからまあ緊急警報放送はおまけと言っても良いのでは?

Panasonic FM緊急警報放送対応FM/AM2バンドラジオ RF-U350-SPanasonic FM緊急警報放送対応FM/AM2バンドラジオ RF-U350-S
()
パナソニック

商品詳細を見る



今日は日航ジャンボ墜落事故から24年目の夏の日なんだわ。
あの事故のボイスレコーダーを聞くたびに、飛行機には乗りたくないという思いがよりいっそう強くなる。
しかし事故原因の大半がまだ未解決なのに決着がついちゃったなんてねぇ・・・まあ真実は24年前JA8119号機に乗っていた人しか知らんよね。
凄惨な事故現場を目撃した人は心の深部まで忘れられない記憶となっているんだよね。今でも胴体・首だけといった五体が完全じゃないマネキンが直視できない人がいるようでして。

二度と、あんな事故があってはならない・・・空に従事する人はみんなそう思っているに違いない。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/65-10f06cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。