じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JR東海が「名松線の家城~伊勢奥津間を廃止してバス輸送に転換」を正式決定した模様。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091029-00000058-mai-soci

 台風18号の影響で一部区間の不通が続いている三重県のJR名松線(松阪-伊勢奥津(おきつ)駅、43.5キロ)について、JR東海は29日、不通区間(家城(いえき)-伊勢奥津駅、17.7キロ)を廃止し、バス輸送への切り替えを決定、地元自治体と協議を始めたことを明らかにした。JR東海発足後、同社が鉄道路線を廃止するのは初めて。

 今月8日の台風では、同線の39カ所で線路上に土砂が流入したり、盛り土が流れ出すなどの被害が発生。同15日から松阪-家城間で鉄道運行を再開したが、家城-伊勢奥津間は代行バスを運行、被害調査を進めていた。

 記者会見で中村満・鉄道事業本部長は廃止を決めた理由について▽険しい地形のため速度制限や雨量規制が厳しいこと▽仮に復旧しても、台風18号以下の風水害で長期の運転規制が起きうること▽周辺道路が改良され、バスの方が安全で安定した輸送を行えること▽利用者の減少--などを挙げた。28日、三重県や津、松阪市に考え方を伝えたという。

 地元の同意が得られ次第、国土交通省に同区間の廃止届を提出する。代行バスは現在、三重交通が1日11本を運行しているが、廃止後も同社へ委託するとみられる。

 名松線は1935年に全線開通。87年度には1日当たりの利用者は1670人だったが、08年度は同700人に減少。特に家城-伊勢奥津間は、87年度の同430人から同90人にまで減った。

 JR名松線の一部廃止について、三重県の野呂昭彦知事は「県としては、関係部局で現地を調査し、住民への影響など今後の対応について沿線の市とよく協議していきたい」とのコメントを出した。
【山田一晶、田中功一】



国鉄時代に慢性的な赤字が続くローカル線で、将来は絶対に廃止になるであろう「赤字83線」に選ばれ、廃止前提で策定された「特定地方交通線」の中に組み込まれかけた事もある名松線だが、その当時代替輸送であるバスへ転換出来ないほど道路状態が悪く「特定地方交通線」の申請が却下され運よく廃止を免れた。同じく道路事情で「特定地方交通線」に組み込まれず廃線を免れた岩泉線がある。
名松線は雲出川沿いを走るちょっとした山岳路線でありスピードが出せない上に大雨になると全線ストップしてしまう。国鉄時代の1982年には台風によって伊勢竹原~伊勢奥津間が長期不通になったり2004年の台風21号では土砂災害に見舞われたものの全線復旧を果たしている・・・が、今年の台風18号で家城~伊勢奥津間が長期運休・・・そして廃止へ。
JR東海は2004年の災害後「また豪雨災害で名松線が駄目になったら廃止するしかない」と決めていたのかもしれない。

名松線はJR東海の在来線で1番利用客が少なく走らせれば走らせるほど赤字が増えるだけの路線なんだよね。少なくとも家城~伊勢奥津間はバスで走らせても問題はなかったんでしょう。
風水害で部分廃止ってのは珍しくないわけで、同じ三重県内を走る近鉄八王子線も現在の終点である西日野からかつての終点である伊勢八王子間が風水害で廃止された経緯もあるしね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/90-d5127a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。