じりじりと綴らない日記(Primitive Version)

風の赴くまま、自分の赴くままにダラダラと"何かを"書き綴る駄日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「成田エクスプレス」に新しいE259系が充てられたので、253系の運用離脱が始まっている。

完全に「成田エクスプレス」がE259系に置き換わったら、253系はどうなるのか?
初期車も含めて未だ20年経過してない車両なんで潰すのはもったいない。
・・・と言う事なので潰さないことを前提に転用方法を考えてみることにした。

1:日光直通特急の置き換え
日光直通特急が小山の485系6両1本と予備に大宮の189系6両1本(ともにグリーン車なし)と言う内容なので、6両編成が2本転用が可能。ただし6両編成の一部は回転しないクロスシートを持つ車両があるので、座席をE2系新幹線普通車などで使われているフルリクライニングシートへの換装と、スーツケースを収納できるラゲージスペースの縮小、東武線ATSと無線の装備などの改造が生じる。
「日光・きぬがわ」用に転用すると、グリーン個室の存在意義が問われてしまう。
スペーシアの場合は1両丸ごとグリーン個室の車両があるが、253系の場合個室は1つだけ。
この場合グリーン個室を普通車指定席の4人利用のコンパートメントにしておくか、そのまま4人利用のグリーン車個室として使うか、多目的室として常時閉鎖する、のどれかになる。
・・・・日光特急で使うならコレぐらいが丁度いい・・・か。

2:波動用の183系の置き換え
首都圏各地に散らばっている波動用の183系を253系に転用する。
ただしそのままだと使えないので、グリーン個室を撤去して多目的室にし、座席をすべてE2系新幹線用のリクライニングシートに換装する。


3:185系特急のショートリリーフ
コレは凄く非現実的だと思う。特に「踊り子」転用となると、現行の踊り子が10+5の15両で走っているので編成の組み換えとグリーン車改造が必要になってくる。グリーン車2両を中間に持ってくるか、SVOのように1号車・2号車をグリーン車にするか、1両に減車するかでだいぶ違ってくる。
しかし185系はリニューアル改造してから減価償却が未だなのと、修善寺乗り入れがあるのでJR東海がJR東日本の車両を嫌がっている、修善寺行きが結構利用数が少ない、と言ったことがあげられる。まあまず修善寺行きをどうにかしないことには踊り子転用はまずありえないな。
対して高崎・上越線特急の185系であるが、これもまあ現実味がない。
車両組成はもとより、耐寒構造でないから耐寒・耐雪工事を施工しないといけないのと、そうまでしててこ入れする必要性があるのかどうかってのもある。現に中央線や房総特急は数年前にてこ入れを実施しているが高崎線系統の特急は車両のリニューアルだけで済ましているためなされていない。
高崎線系統の特急は車両と運命をともにするか、ライナー制や休日運行の特急として運転するかのどちらかしかないと思う。


こういうのって結構難しいな・・・。まさか本当に潰したりして。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dieselengine101.blog73.fc2.com/tb.php/98-da5dccc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © じりじりと綴らない日記(Primitive Version) All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。